弁護士紹介

弁護士
石井 政治
略 歴     
長崎県島原市 出身。昭和46年10月司法試験合格。司法修習を経て、同49年4月東京地検検事任官。以後、東京地検のほか、横浜、那覇、福岡等の地検勤務 。その後、福岡地検公判部長、東京地検公安部副部長、札幌・さいたま両地検次席検事、東京高検検事、東京区検上席検察官、東京地検公安部長などを経て、長崎地検検事正、東京法務局長、仙台地検検事正を歴任。平成18年8月検事退官、同年10月公証人任命(神田公証役場)。同28年10月公証人退官、同月弁護士(東京弁護士会所属)登録。
公証人としては、1,000件 以上の遺言、任意後見契約、離婚契約、借地借家契約、債務弁済契約等の各種公正証書の作成などに従事。

公証人会では、東京公証人会副会長、日本公証人連合会常務理事など歴任。その傍ら、法科大学院教授として大学院生に刑事法を講義するなど法曹養成教育に従事、また信託銀行の財務コンサルタントに対する研修講師を務めた。
このエントリーをはてなブックマークに追加